機密ファイルを公開してもファイルを漏らさない クラウド型 セキュア リモートアクセス

FAQ

LodestarALMについてよくあるご質問とその答えになります。下記項目にない場合は、お手数ですがお問い合わせフォーム、または、販売代理店までお問い合わせください。

製品の評価版はありますか?

すべての機能をご確認いただける体験版をご用意いたしております。こちらのページよりお申込みください.

導入実績は?

ALM Linkが採用している情報漏えい防止エンジンはすでに導入実績があり、金融機関系・行政のお客様で稼働中でございます。また、本製品で利用しているシングルサインオン技術や暗号処理などのコアエンジンは、当社製品「Lodestar ALM ICカード認証」の技術を使用しており、一部上場企業様、金融機関等、大規模な環境でのお客様で実績がございます。

ファイヤウォールの設定の変更の必要はありますか?

社内に設置する「Linkエージェント」アプライアンスがインターネット向けのhttps通信(443)が通信可能な環境であればファイヤウォールの設定変更の必要なくご利用いただけます。  

「ファールサーバ」と「仮想 Secure Desktop」の通信の間で一時ファイルなどが保存されますか?

クラウド上にある中継サーバーのLinkゲートウェイには、一時ファイルなどは一切残りません。 通信のプロトコルが中継される方式のため、他社クラウドサービスにある一時保管や社内のファイルサーバ等のレプリカは行っておりませんので安全にご利用いただけます。

Linkゲートウェイは自社のDMZに配置する必要がありますか?

Linkゲートウェイはロデスターが提供するクラウドサービスです。お客様がDMZへLinkゲートウェイを設置することなくご利用いただくことができます。

Linkエージェントのアプライアンス型のサーバマシンはどのような形状をしていますか?

ファンレス型のアプライアンスサーバマシンになります。小型の筐体なので設置場所も柔軟に対応できます。

オフラインでもファイルが編集できますか?

仮想SecureDesktopはオフライン環境でもご利用いただけます。事前に編集されたいファイルをダウンロードの必要があります。オンライン状態になりましたらファイルをファイルサーバーへアップロードいただく運用が行えます。

一台のLinkエージェントはどのぐらいの同時アクセス数に対応していますか?

1台のLinkエージェントで50ユーザの同時接続を受付でき、対応いたします。しかしながら、利用できる通信環境の帯域がない場合、転送速度低下や処理遅延が生じ製品をご利用いただけない場合がございます。同時接続を弊社が保証するものではございません。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5817-8844 受付時間 9:30~18:00(土・日・祝日を除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社ロデスター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.